2017年度 遠軽青年会議所スローガン 出会おう 繋ごう 楽しもう

遠 軽 青 年 会 議 所

JCI遠軽ロゴ

2017年度理事長所信

   梅田弘胤

     理事長  梅田 弘胤

何の為にJCをやるのか、答えられない自分がいた。そんな時、メンバーがこんな例え話をしてくれた。 「俺達は今、井戸を掘っているんだよ。我々の次の世代で水が枯渇してしまわないように、今自分たちができることをやろうじゃないか、それがJCだ」と。 私はこの例え話を聞き、雲のかかっていた自分の心がぱっと晴れた気がした。今の自分は、JAYCEEであることに誇りを感じることができる。JC活動とは何なのか、 この命題に真摯に向き合うことは、一歩を踏み出す覚悟を決めるために必要なことであると思う。 そしてJCの存在意義を皆で共有することで、会員拡大行動のエネルギーが生まれるのだと思う。 遠軽町の人口が減っていくなか、遠軽青年会議所の存続も危機的な局面を迎えている。 今こそ共に井戸を掘る仲間を増やす行動を具体化したい。

私たちは事業をやらなければ存在意義はない。同時に組織維持が出来なければ、井戸掘りは止まってしまう。事業実行と会員拡大を両立させるためにはどうすればよいのか。 私は「楽しむ覚悟」を持てるかどうかが鍵であると思う。それは困難な事業をやりきる達成感や解放感を楽しむということではない。 頑張っている自分に酔いしれることでもない。私が考える「楽しむ覚悟」は、人と出会い、繋がることを楽しむ心の持ち方である。 遠軽町という小さな町の中で、私たちは顔見知りが多いはずだが、それは本当の意味では出会っていない。 一緒に何かをやろうと声をかけられる関係性を築いて初めて、人は出会うのだ。 一緒に事業をやり遂げたときに、繋がるのだ。限られたJC生活の中で、会員一人ひとりが、出会うこと、繋がることを楽しめるようになって欲しい。 どんな事業をやるのか、可能性は無限大だ。仮に継続事業であっても、事業をやる意味や根本理念をしっかり意識し、枝葉にとらわれない発想を心がけたい。そのなかで、私は二つの笑顔を実現させたい。

一つは「多世代が繋がって生まれる笑顔」である。人口減少・少子高齢化という社会の流れがあっても、遠軽で生きてゆきたいと言う人間が増えたならば、未来は決して暗くない。それを実現するためには、 この町で生きていることの幸福感・安心感・充実感を町民が感じることが必要だ。私は世代間の交流が、一つのキーワードであると考える。 各世代が異なる世代に対して心を遣うきっかけや仕組みを創ることができれば、人は自己の存在意義を発見し、 そこに充実感溢れる笑顔が生まれると思う。また先の世代が経験してきた知識を次の世代の心の育成にしっかり繋げることができ、 若い世代が持つ未熟な奔放さも大きな心で受けとられるような地域の包容力を醸成したいものだ。

もう一つは「地域や組織が繋がって生まれる笑顔」である。遠軽町という小さな町の中にも、色々な宝を持つ地域・組織が存在する。 其々が頑張っていることは明らかだ。だが、そこに宝を繋げるエネルギーがあれば、その宝はお互いの光を反射し、 より大きな光を発すると思うのだ。夜空にポツンと存在する星は、特別な星かも知れないが、 たった一つの光に気づかない人も少なくないはずだ。宝を繋げるエネルギーを爆発させ、新しい価値を創発する組織であろうじゃないか。

2017年度 遠軽青年会議所 基本方針

  【基本理念】

出会いを楽しむ覚悟と巻き込む勇気が未来を拓く

【スローガン】

出会おう 繋ごう 楽しもう

  事業計画
えんがる屋台村「雪提灯」 遠軽町の新たな冬の風物詩とするべく昨年開催し好評を得た、えんがる屋台村「雪提灯」を今年も開催致します。
町民意識醸成事業 笑顔創造委員会が担当する事業、遠軽町の魅力再発見!が6月17日(土)に行われました。
第22回コスモス開花宣言

花火大会

花火打ち上げの他にも様々なイベントを企画しますので、是非会場にもお越しください。
「地域の宝」創発事業 9月24日(日)ロックバレースキー場を舞台に開催致しました。
青少年育成事業 今年も遠軽高等学校様に時間と場所をお借りし事業を行います。
会員拡大 共に活動して頂ける仲間を募集中です!

カウンター カウンター

↑ PAGE TOP