2018年度 遠軽青年会議所スローガン

 勇気と覚悟と誇りを胸に、未来へ繋がる新たな一歩を踏み出そう。

遠 軽 青 年 会 議 所

JCI遠軽ロゴ

委員会方針

組織の魅力再考委員会
委員長 斉藤 修巳

 大都市への人口集中による人口減少や少子高齢化など地域社会を取り巻く情勢は厳しい現状の一途を辿っています。そんな中、遠軽青年会議所も5年先には会員がほとんどいなくなることが危惧されています。そのような状況に陥らないようにするにはどうしたらいいでしょうか。それには、会員一人ひとりが今一度、活動意義を再確認し今後に繋げていく必要があるのではないでしょうか。
 そこでまず初めに、一人ひとりが青年会議所活動に誇りを持ち、現在の状況に危機感を感じ、目の前のことだけに囚われず、先を見据えたビジョンを描けるような組織作りが出来るよう、会員の意識と知識の向上を図り、改めて私達が所属する遠軽青年会議所とは何かを確認する為、共に学ぶことで会員間の温度差を減らし、友情をより強固にしていけるような事業を行いたいと考えております。
 次に、常に会員拡大を行うことで若さを失わず、希望に溢れた未来へ向かって前進し続けることが必要ではありますが、地域には青年会議所を知っていても青年会議所運動を知らず身近に感じる機会が少ないのが現状です。そこで、青年会議所運動を知って頂く事を目標とし、若者と地域の未来を考え、共に行動する仲間を増やしていくことが出来るような事業を行いたいと考えております。
 そして、昨年から平成32年度に開設予定の遠軽IC並びに道の駅にスポットを当て、開設予定地である「えんがるロックバレースキー場」において事業を行っております。本年度も地域住民参加型の事業を行い、これから先の新しい魅力の一つとして多くの町民の皆様と意識を共有し、繋がり、協働し、地域を盛り上げていける様な事業を行うことで町の魅力として根付く為の一助となることを目指し構築します。  
 組織の魅力再考委員会では、青年会議所の在り方や存在意義を再確認しながら組織の未来へと繋がることを目指し、また地域においても認めてもらえるような組織を目指し日々精進して参ります。

【基本計画】
会員意識向上例会
会員拡大例会
地域の宝再考事業

未来へ繋ぐ文化力推進委員会
委員長 山本 啓太

 あなたは遠軽町のことが好きですか。そう聞かれた時、私は間違いなく好きですと答えます。自分の住んでいる町に誇りや自信を持つことはごく自然な感情にも思えますが、自分以外の人たちはどうでしょうか。好きと答える人、そうではない人、もしかすると半々なのかもしれません。ですが我々JAYCEEと町民が地域に属しているという自覚と行動から、潜在的な魅力で未来を創造することができれば新たな可能性を生み出すことができると私は思います。
 えんがる屋台村雪提灯は、2016年度、2017年度と陸上自衛隊遠軽駐屯地曹友会様をはじめ多くの関係団体様と協働し開催して参りました。今年も自衛隊のある町の地域特性を活かす交流事業として、自衛隊、町民、JCが直接交流し多くの町民に魅力を感じていただき人と人との繋がりを強固なものにし、今後遠軽町の文化の一つとなっていくような事業として構築していきます。
 また、愛郷心育成事業では、さまざまな手法を活用して遠軽町の魅力について話し合い、我々自らが認識を深め愛郷心を育み、地域の担い手として自己研鑽できるような事業を行います。その結果、町民に対して遠軽町の魅力を伝えていけるようになり、遠軽町を好きだと答える人を増やすことができると考えます。
 そして、青少年育成事業では、遠軽町の青少年はもちろんですが、教員、保護者、指導者など子供たちを支えていく立場の方々にも参加をしていただき、教育、スポーツ、文化など幅広い分野でのコミュニケーション能力の向上を目指し、子供たちの未来へと繋がる事業にしていきます。
 最後に、未来へ繋ぐ文化力推進委員会では、これらの事業をしっかりと構築し、文化力、すなわち文化の持つ、人々に元気を与え地域社会を活性化させ、魅力ある社会づくりを推進する力を盛り上げ、遠軽町が好きと思える人が一人でも多くなることが遠軽町の未来へ繋がると信じ一年間推し進めて参ります。

【基本計画】
えんがる屋台村「雪提灯」
愛郷心育成事業
青少年育成事業

総務委員会
委員長 佐竹 聖吉

 我々、青年会議所は地域の子供達や未来の為、明るい豊かな未来を見据え、社会のあらゆる分野において常識が変化していく時代だからこそ、高い志を持ち地域社会に根付く活動を行っていく必要があります。総務委員会が担う役割とは総会や例会をはじめとする諸会議の設営及び運営、議案書の精査、予算の編成など、遠軽青年会議所の活動の重要な役割を担っております。メンバーとの連携や周知にも力を入れ、皆が情報共有を図れる様、迅速な対応を行います。また、理事会において議案書の精査を重要視する事により運営を円滑に進めて参ります。
 新年交礼会では来賓やシニアクラブの方々をお招きし、新年をお祝いすると共に今年度の遠軽青年会議所活動の方向性を報告します。また、諸先輩方と交流を行う事により遠軽町が目指す方向性や目的を理解し、事業を構築する指針となる貴重なご意見を頂ける機会と考えます。
 青年会議所活動において現役メンバーの道標となり、脈々と受け継がれてきた歴史を次の世代に繋げ、青年会議所の存在意義を常に問うてきた卒業生に敬意を表し諸先輩方と共に卒業式を行います。また、普段の生活から常に支えて来られたご家族の方をお招きし、これまでの活動内容や経歴、功績を称え最後の晴れ舞台を盛大にお祝い致します。
 組織を継続させていく為には常に会員拡大を行う必要があります。ホームページやフェイスブック等を通じ活動の内容や告知、メンバーの素顔が見える広報活動を実施致します。また、今の時代に見合った情報源を活用し地域住民と共有を図り、事業を通じ青年会議所活動の必要性を地域住民に理解して頂き、期待に応えていく事で永続的に活動を続けられると考えます。
 結びに、今後も継続可能な組織を目指し、メンバーの意識の醸成と資質の向上を図り、オピニオンリーダーとしての自覚と責任を持ち、地域の子供達の明るい未来の為に高い志と気概を持って活動して参ります。

【基本計画】
新年交礼会
卒業式
会員拡大
広報業務全般の運営・管理  

カウンター カウンター

↑ PAGE TOP